病院

性病検査を受けて不安を解消|自分と相性の良い検査を選択!

このエントリーをはてなブックマークに追加

検査の必要性

手

最近では中学校、高校でもエイズに関する教育が進められており、エイズ検査に関してもその認識は広まっています。今まではエイズ検査に関する知識が乏しいせいで、エイズ検査に対して不安や偏見を持っている人も少なくありませんでした。しかし最近では小さな子供でも、エイズ検査や性病検査を受ける必要性をしっかりと把握しています。こちらでは今一度エイズ検査を受けた方が良いメリットや、HIVに感染しエイズを発症してしまった際のデメリットを再確認していきます。

まずエイズ検査を受けた方が良い理由としては、自分自身の不安を取り除くことが出来るという点です。検査を受けるまでは、自分が感染しているかどうかで不安になっているでしょう。そういった不安を解消するためにも検査は受けておいた方が良いのです。そしてもう1つは更なるHIVの感染を食い止めることが出来るという点です。HIVは血液や体液から感染してしまいます。そのため大切なパートナーがいるという人で、感染の疑いがあるのなら早い段階で検査を受けることが大切です。また早期に感染が分かればエイズを発症する前に治療を開始し、症状の進行を抑制することが可能になります。

そしてエイズを発症してしまった際のデメリットとしては、まずは将来への不安を抱えることで、肉体的にも精神的にもストレスを感じてしまうということです。ストレスは病状の進行を進めることにもなりますし、その他の病気を併発するリスクも高めてしまいます。そして何よりもエイズになってしまったことを、家族や友人、大切な恋人に伝えるかどうかでも一人悩んでしまうでしょう。中にはHIV感染が原因で恋人関係を解消されてしまうこともあります。このような事態にならないためにも、早くに病院を受診して検査をし、医師に相談しておきましょう。